化粧品の使用期限は未開封と開封後で違う?見方や表示の読み方は?

Uncategorized

化粧品は休日のおでかけの日だけ使うという人もいれば、毎日使っているという人もいますよね。

肌に直接つけるものだからこそ使用期限は守りたいですよね!

使用期限を過ぎてしまったものを使っていると、シミやくすみや肌荒れの原因になってしまうそうです。

アイメイクにいたっては感染症にかかりやすくなってしまうことも…

化粧品は食べ物の賞味期限のように〇年〇月と書いてあるものもあれば、開封してから6ヵ月という意味で『6M』と書いてあるものもあります。

『6M』だけじゃなくて、12ヵ月を意味する『12M』などいろいろな使用期限があります。

化粧品に使用期限があることを知らない人も多いと思います。

また見た目やにおいなどで変化があれば、これはやめておこう、となりますが、何も変わっていないように見えてしまうものに関しては、特に使用期限など気にせず使っていることも多いと思います。

今回はそんな方にぜひ知ってほしい、化粧品の使用期限について、その見方などについてもご紹介していきます。

化粧品の使用期限は?未開封と開封後で違う?

化粧品は開封してしまうと酸化しやすくなってしまって、酸化した化粧品を使うと肌トラブルの原因になってしまいます。

「未開封だったら酸化しないから何年経っても大丈夫!」と思う人もいますよね。

じつは開封していなくても3年以上経ってしまうと酸化してしまいます。

なので3年以内に必ず使い切ってください!

また化粧品の種類によっても使用期限が違います。

液体状の化粧下地やリキッドファンデーションやスキンケア用品などは、パウダーのものよりも酸化しやすいので長くても6ヵ月までには使い切ったほうがいいですね。

液体状のリキッドファンデーションなどは酸化してくると変なニオイがするので気を付けてください。

私も昔リキッド系のものをずっと持っていたら、変なニオイはするし変な色になっていたりして恐怖を感じました…

パウダーファンデーションやチークなどの粉状のものはリキッドのものよりは酸化しにくいけど、開封後長くても2年以内には使い切るようにしてください。

アイメイクに使うマスカラなどは長くても3ヵ月までには使い切ってください!

目元は一番敏感なところで、使用期限を守らず使用していて気づかないうちに目に入ってしまうと感染症にかかりやすくなってしまうし、最悪の場合失明してしまうこともあるので使用期限は絶対守ってください!

また湿気の多い場所や暑い場所で保管していると、より酸化しやすいので注意してください。

 

化粧品の期限の見方は?表示の正しい読み方は?

 

「化粧品の裏や側面を見てみると数字が書いてあるし、この数字が使用期限かな?」と思ってしまいますが、すべての化粧品に使用期限が書いてあるわけではないみたいです。

使用期限だと思って調べてみたら製造期限だったということもあります。

使用期限が書いてなかったら上記の使用期限の目安を参考にしてみてください。

また『6M』などのMは、M=Month(月)という意味です。

『6M』『12M』『18M』と書いてある場合は、数字=開封してから〇ヵ月で使い切ってください!という意味です。

(6M→6か月、18M→18ヵ月なので1年半)

私も気になったので自分の持っている化粧品をあさっていたら『24M』と書いてあるアイシャドウを発見しました!

24Mということは2年もつということになりますが、開封後なのでがんばって3ヵ月以内に使い切ります!

でもいつ開封したものか覚えていないので、なるべく早めに使おうと思います…

日本製の化粧品は使用期限が書いていないものばかりでした。

未開封で室温が20℃から25℃くらいで保存して3年もつという条件を満たしているものは、なんと使用期限を書かなくてもいいという法律があるようです。

なので使用期限が書いていないものは未開封のもので3年以内に使い切ればいいんだなと覚えていてください。

(主にパウダーのものの場合です。暑いところや湿気の多いところで保管していたものは酸化しやすいので、もっと早めに使い切ってください!)

まとめ

  • 未開封のパウダー状のものは3年
  • リキッド状のものは半年
  • アイメイクに使うものは3ヵ月
  • 開封したものはなるべく早く使い切る

この条件を守って、お肌トラブルの原因にならないようにお肌を守りましょう!

タイトルとURLをコピーしました