Mesda nu Kyad -メスダ ヌ キヤド-

メスダ ヌ キヤドは、オリジナルの花文字イニシャルグッズや心に花を咲かせる贈り物をつくるブランドです。
お取引ご希望の企業様、バイヤー様へのご案内

デザイナーAYAのブログ

ちょこっとだけ

Happy Valentine’s Day ♥

今年はお世話になった方にチョコをあげるどころか、もらっちゃったAYAです。

しかもね、こんなかわいいやつ!

こんなんもったいなくって食べれへーんっ!!

うーん、でもちょっとだけ、ほんのちょこっとだけ

みみのとこかじってみよかなぁ ♡

Mesda nu Kyad

AYAhonma

小さな切り抜き

3連休の最終日、OPENすぐのお客様。

昨年の6月にMesda nu Kyad が掲載された朝日新聞の記事を見て

気に入って、切り抜いてだいじにだいじに取っておいて、

今日やっとお店に来れたの!とにっこり。

手のひらには丁寧に折り畳んである小さな小さな切り抜き。
「可愛いものが大好きで」という素敵なマダム。

きゅん。

ありがとう。

Mesda nu Kyad

AYAhonma

花文字のひみつ

よく尋ねられる質問

「このお花の絵はどうやって描いてるの??」

はい。メスダ ヌ キヤドの「花文字」のお花や、

商品の元になるイラストはぜんぶ、RYOKOちゃんが手描きで描いています。

画材はそのときの用途や出したいニュアンスによって、

水彩やったり、アクリルガッシュ、ペンや、ボールペンも使ったりします。

私とRYOKOふたりしか見る機会がほとんどないのがもったいないくらい

本当に繊細な線で描かれていて、

原画独特の豊かであざやかな色合いです。

それをパソコンで、お花さんも恥ずかしくなっちゃうくらいに大きくして、

あんなところやこんなところまでAYAが手を加えて

「はい!できあがり♡」

なのです。

簡単に説明するとそんな感じなのですが、いままで何百枚という原画を描いて手を加えて

そのなかで、どうやったらもっときれいに見えるのか、

どうやったらもっときれいな色がでるのか、

ひそかにまじめな研究と経験を重ねて、

今のわたしたちの「花文字」ができています。

手描きの匂いや、Mesda nu Kyad な色づかい、

もっともっと伝わるようにまだまだ今も進化中 ♪

Mesda nu Kyad

AYAhonma

お茶の時間

今日は春みたいにあったかい京都。

アトリエの窓をあけてると風がやわらかいです。

いま、実は、まだまだ輪郭のぼんやりとしたものだけど

何かいいものができる予感がしてます。

いままでとは違った、ちょっとあたらしいこと!

わたしがずっとやりたかったこと。

春先にはきっと蕾もふくらんでるはず。

さぁ、お茶にしよう

Mesda nu Kyad

AYAhonma

春のおすそわけ

わさわさ そわそわ

Mesda nu Kyad のアトリエより、みなさまへ

一足早い春のおすそわけです。

桃いろや、橙、ほんわり淡いきいろ。

ただいま、きれいな春色のお花が満開です *

今週はとっても寒い日が多いって聞いたから、

ちょっとでもみんなの気持ちがあたたかくなりますように。

Mesda nu Kyad

AYAhonma

ページの先頭へ